過去のスタッフブログ


誠に勝手ながら、弊社の休暇を下記のとおりとさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞ、ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。



休暇期間

平成27年8月13日(木) ~ 平成27年8月16日(日)


  • お知らせ
  • 2015,08,07, Friday 11:20 AM
  • comments (x)
  • trackback (x)
 マイナンバー制度への対応はお済でしょうか?
平成27年10月から各人、一人一人に「マイナンバー」の記載された「通知カード」が郵送され、平成28年1月から社会保障、税、災害対策の分野での利用が開始されることが決定されています。(法人も同じ時期です。)

各企業まず一番大きな負担になると予想されるのはやはり給与厚生業務ではないでしょうか。
今まで、給与厚生業務等で各機関に提出していた書類に従業員から取得した「マイナンバー」を記載しなければなりません。
取得する際には従業員の扶養家族全員分の「マイナンバー」を取得しなければならず更には本人確認(原則顔写真付きの公的証明書[運転免許書等]と「通知カード」若しくは「個人番号通知カード」の両方合わせての確認)が義務になります。
※「個人番号通知カード」とは、顔写真つきのICカードで市町村の窓口に出向けば交付してもらえます。(公的証明書になります。)

更には取得した「マイナンバー」を保管する義務も生じ、あらかじめ定められている分野以外での「取得」、「利用」「保管」は厳しい罰則にもなります。(従来の類似制度以上に厳しい罰則が適用されます。)

給与厚生関連業務、入社、退社、各種届出書、家族異動これらすべての業務でマイナンバー対応が必要になり、従業員の雇用形態・勤務年数に関らず雇用時(及び制度開始時)に個人番号申告(本人・扶養家族)と本人確認手続きが義務化する事から、各企業は必ず『マイナンバー』が通知される以前に企業での業務手順の確認やシステム構築、安全管理研修など職員に周知徹底をした上で番号対応業務を行うのが得策だと思われます。
今現在は社会保障と税・災害対策のみでの『マイナンバー』の利用ですが将来は様々な業務に利用されることも決定しておりこれからの企業を大きく変えることも予想されています。各企業はこれからも継続的な動向の把握をお勧め致します。
マイナンバー制度や給与厚生業務等で、不明点などございましたらお気軽に税理士法人優和にご相談くださいませ。
  • お知らせ
  • 2015,04,20, Monday 04:09 PM
  • comments (x)
  • trackback (x)
 京都府と京都市は4月1日から、中小企業向けの融資制度の拡充を開始します。
11年ぶりの制度再編で、中小経営者にはなじみの深い「あんしん借換制度」等の金利が大幅に引き下がります。

 見直しでは、前向きな投資を対象とした経営発展支援融資等の現行の制度を廃止し、民間金融機関にその融資制度自体を委ね、その上で業況が厳しい中小企業向けに長期(融資期間10年以上)で固定金利の融資に特化する模様です。

 あんしん借換融資は、新規の金利を現行の年1.8%から年1.2%へ引き下げが行われます。さらに、業況が厳しい企業向けに緊急枠を新設し、低金利で現行の経営支援緊急融資等の機能を引き継ぐようです。

 また、創業支援融資では、金利を現行の年1.8%からこちらも年1.2%へ引き下げを行うだけでなく、一定の要件を満たす場合は、京都信用保証協会の保証料を年0.5%引き下げられます。

 これらの制度再編の背景には、近年は利用が大幅に減少しているこれら制度融資の見直しと、民間金融機関の金利低下に伴う競合や資金需要の低迷等の環境変化に対応するべく動きがあったようです。

 税理士法人優和では、これらの制度再編について、現行の借入状況の見直しや、創業を予定されている方々との相談にも力を注いでおります。

 ご興味の方がおられましたら、税金の話だけで終わらない、税理士法人優和にお気軽にご相談下さい。
  • お知らせ
  • 2015,03,30, Monday 09:10 AM
  • comments (x)
  • trackback (x)
中小企業経営力強化資金として、認定支援機関による経営支援と公庫の金融支援が一体となった融資制度があります。

創業、経営多角化、事業転換、新商品の開発等、新たな市場の創出を目指す事業者が対象となります。

融資額2,000万円以内は、無担保・無保証人でご利用になれます。

詳しくは、弊社の営業担当者にご相談下さい四葉
  • お知らせ
  • 2015,01,29, Thursday 05:33 PM
  • comments (x)
  • trackback (x)
誠に勝手ながら、弊社の休暇を下記のとおりとさせていただきます。
ご迷惑をおかけいたしますが、なにとぞ、ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。



休暇期間

平成26年12月28日(日) ~ 平成27年1月4日(日)
  • お知らせ
  • 2014,12,26, Friday 07:22 PM
  • comments (x)
  • trackback (x)
安倍首相が26年11月18日の記者会見で、27年10月に予定していた消費税率10%への引き上げ時期について29年4月へ延期することを表明しました汗

29年4月の再延期する考えはないとのこと。

税制大綱についても12月半ばから27年1月にずれこむようです。

また新しい情報が入りましたらお知らせ致しますチョキ
  • お知らせ
  • 2014,11,25, Tuesday 06:18 PM
  • comments (x)
  • trackback (x)
9月3日(木)及び4日(金)は、事務所行事につき臨時休業させていただきます。

ご迷惑をお掛けして申し訳ありません。
  • お知らせ
  • 2014,09,02, Tuesday 08:46 AM
  • comments (x)
  • trackback (x)
平成20年にふるさと納税が導入され
6年が経ち広くその存在が知れることとなりました。
本屋さんに行くと「ふるさと納税生活」や
「ふるさと納税裏技」と題された書籍があり、
近年かなり注目されている様子です。

名前のイメージからすると自分の生まれた故郷に対して行えば
何かしらのメリットがあるのだろうか?という感じですが、
応援したい自治体など、どこに対して行ってもメリットのあるものになっています。
一つ紹介すると岐阜県各務ヶ原市では記念品として
特選飛騨牛A5等級焼肉用が贈られるとあり、
かなりの人気があるようで毎月受付が開始されると
すぐに予定数に達して受付終了になるようです。
本来の趣旨からするといい表現ではないかも知れませんが、
つまりその記念品を目的として自治体を選択し、
ふるさと納税を行えば希望の記念品を受取ることになります。
同市ではふるさと納税の額が
平成23年度885,000円、平成24年度790,000円、平成25年度では124,977,000円
とその注目度が窺えます。

そして、このふるさと納税は自治体に対する寄付として
取り扱われ寄付した額から2,000円を差し引いた額が
税金(所得税・住民税)の控除を受けられるというものです。
つまり10,000円をふるさと納税すれば8,000円が税金から控除され
2,000円で希望の記念品を手に入れることが出来たということになります。

是非この制度を活用されてはいかがでしょうか?
しかし、気を付けなければならないことがあり、
ふるさと納税を無制限にすれば全てが2,000円で手に入れられるという訳ではなく、
寄付者の所得(収入)に応じて税金から控除される金額に制限があるため、
むやみやたらにふるさと納税をすると自身の考える損得では
割に合わない支出をする羽目になるため
税理士に相談し適正なふるさと納税額を把握することをオススメします。
当然ながら当事務所でも相談を受けておりますので
気兼ねなくお電話を頂ければと思います。
  • お知らせ
  • 2014,08,26, Tuesday 12:35 PM
  • comments (x)
  • trackback (x)
使える可能性が高い補助金がありましたのでご紹介させていただきます。


取引先の事業所の閉鎖・縮小の影響により10%以上売上減少が見込まれる中小企業・小規模事業者を対象。

雇用維持を要件として、新たな事業分野の市場調査や試作開発及び事業実施に必要な設備投資等を支援します。

■公募開始 :平成26年3月14日(金)13時(予定)【随時受付】

■第1次締切り:平成26年4月7日(月)(予定)

※1次締切後も随時受付を行います。

■対象者 :中小企業・小規模事業者

■補助上限額 :1,000万円

■補助率 :2/3

■要件 :(1)閉鎖等の影響により10%以上売上減少が見込まれること。

(2)補助事業終了時点まで、雇用維持が見込まれること。

■募集要項の詳細は下記URLをご覧ください。

http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/torihiki/2014/140314torihiki.htm

【お問い合わせ・申請書提出先】

取引環境改善型需要開拓支援事業事務局

[TEL]0120-501-975

東京都港区南青山2-5-20 帝国データバンク内

【認定支援機関の協力に関するお問い合わせ先】

中小企業庁 事業環境部 取引課

[TEL]03-3501-1669

  • お知らせ
  • 2014,03,17, Monday 09:48 AM
  • comments (x)
  • trackback (x)
平成25年分の所得税確定申告書の提出期限は

26年3月17日(月)となります。

振替納税の場合における納付日は4月22日(火)となっています四葉


消費税は26年3月31日が提出期限です。

振替納税の場合における納付日は4月24日(木)となっています四葉

  • お知らせ
  • 2014,01,17, Friday 03:26 PM
  • comments (x)
  • trackback (x)

CONTACT

「ホームページを見た」と言っていただくと、
スムーズに対応させていただきます。