お知らせ

ものづくり補助金対応POファイナンス(つなぎ融資)認定支援機関

平成30年度補正ものづくり補助金において、補助金が交付されるまでのつなぎ資金の調達方法の一つとしてPOファイナンスが運用されることになりました。

このPOファイナンスは、Tranzax株式会社による支援で、ものづくり補助金の交付決定を受けた事業者が交付決定された補助金を電子記録債権として登録し、この電子記録債権を金融機関へ担保として譲渡することを可能とする金融支援です。

これにより、ものづくり補助金の採択事業者は、補助金交付までのつなぎ資金の調達がさらにしやすくになりました。

交付決定により生じる補助金を受ける権利は、法定安全性とその存在の明確性が高まるため、金融機関としても担保価値が非常に高いというメリットがあります。

現在の提携金融機関は、商工中金と3件の信用金庫だけのため、運用が限定されていますが今後この運用は増加する見通しです。

税理士法人優和では、認定支援機関として、ものづくり補助金の申請支援に留まらず、つなぎ資金の支援まで貴社のバックオフィス全体の支援を実施しております。

ご興味の方はお気軽にお問合せ下さい。

事業承継補助金(平成30年度第2次補正/M&A補助金)4/12公募開始(認定支援機関)

中小企業庁より事業承継補助金(M&A補助金)の公募開始に係る事前告知が公表されました。

公募期間は、2019年4月12日(金曜日)から2019年5月31日(金曜日)までとなっており、事業承継対象期間は2016年4月1日から2019年12月31日までになります。

事業承継補助金は、事業承継の要件によって 【I型】後継者承継支援型と【Ⅱ型】事業再編・事業統合支援型の2つの申請類型から選択でき、それぞれ補助率の考え方や上限額が異なります。

 

【Ⅰ型】「後継者承継支援型」経営者交代による承継の後に新しい取組を行った方を補助する制度

【Ⅱ型】「事業再編・事業統合支援型(M&A)」事業再編・事業統合の後に新しい取組を行った方を補助します

 

税理士法人優和では、申請に必要な認定経営革新等支援機関(認定支援機関)の確認書の対応はもちろん、申請支援全般に関するご支援を受け付けております。

事業承継・M&A・組織再編を行う予定の方は、ぜひ、事業承継補助金の活用をご検討下さい。

中小企業倒産防止共済 平成31年4月分掛金の引き落としについて

平成31年5月の皇位継承に伴いゴールデンウイークが10連休になると周知され、様々な影響が発表され始めてきました。

 

その中で一つ、4月決算の法人における中小企業倒産防止共済制度(経営セーフティ共済)の平成31年4月分の掛金(前納含む)引落としに係る税務上の取扱いについて次のとおり発表がありました。〔引落とし日:5月7日(火)になります〕

  • 次の①、②であれば当該年度に損金算入が可能

(適正な期間損益計算の観点から会計上未払計上しているもの)

  • 毎月、口座振替により納付している掛金(平成31年4月分掛金)
  • 毎期、口座振替により1年分(1年以内)を前納している場合の掛金

 

ただし、上記①、②以外(今回初めて前納する等)で、4月決算の法人において損金参入を予定している場合については『3月27日(水)』に引き落とす必要があり、この場合は3月5日(火)機構必着で書類を提出しなければいけないので対応を急がないといけないです。ご注意下さい。

平成30年度補正予算「ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金」公募開始!(ものづくり補助金)

中小企業庁より今年のものづくり補助金の公募開始の案内が公表されました。

今回の公募申請について、前回との主な相違点は次のとおりです。

 

①早期審査プロセス(ファストトラック)の導入

公募の締め切りを2回に分け、1回目の締め切りを23日(土曜日)にすることで、早ければ3月にも事業開始できるファストトラック制度が導入されました。

ただ、公募開始から1週間以内の申請期限となるので、相当な事前準備がないと対応が難しいと思われます。

 

②フィンテックとの連携

購入型クラウドファンディングでの資金調達が加点項目となります。これは事業性評価の客観性を確保したい国側の意向もあると思われます。

 

さて、今年のものづくり補助金ですが、やはりねらい目は二次締切である5月8日(水曜日)に合わせて精度の高い事業計画書を作成することで余裕をもった事前準備をもって公募申請に取り組むことであると弊社は考えております。

二次締切の採択は6月中を目途に発表とのことですので、例年の手続きを考慮するとおそらく7月中旬から下旬に事業開始(設備の発注開始が可能)になると予想されます。

これまでのものづくり補助金で比較的財務力の高い企業は設備投資をしきった感もあり、前回に引き続き高い採択率が期待できます!

ぜひ、この機会に合わせて設備投資をご検討されてはいかがでしょうか。

 

税理士法人優和では認定支援機関として毎年採択実績を上げております。

(弊社の支援内容の紹介ページはこちら→https://www.hisida.co.jp/service/nintei/subsidy.php)

どうぞお気軽にお問合せ下さい!

臨時休業のお知らせ

2019年1月18日12時より社内行事のため、臨時休業を取らせて頂きます。

なお、お問合せ頂きました内容につきましては、21日(月曜日)にご返信致します。

ご不便お掛け致しますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

マネーフォワード社との確定申告セミナー開催決定(京都会場)平成30年分(平成31年3月15日期限分)

バックオフィス業務の効率化ツールを開発するマネーフォワード社と税理士法人優和による確定申告セミナーを今年も開催致します!<平成30年分・2018年分(平成31年(2019年)3月15日提出期限分)>

 

開催概要は次のとおりでございます。

 

■日時 平成31年1月24日(木曜日)18時~21時

 

■場所 長谷ビル8F会議室(地下鉄「四条駅」阪急「烏丸駅」下車徒歩1分)

(京都市下京区烏丸通仏光寺下る大政所町680-1)

→https://www.hase-building.co.jp/meetingroom/pdf/about_map.pdf

 

■セミナーの内容

・確定申告を行うために備えておくべき基本知識

・平成30年分の確定申告から新たに登場した税制改正

・マネーフォワードクラウド会計による経理業務の効率化 等

 

■対象の方

・開業したが確定申告をどのようにすれば良いのか分からない

・会計ソフトを使った確定申告をやってみたい

・これまで自分で確定申告をしてきたが、そろそろ税理士に依頼したい などなど

 

■参加費 無料

 

■申し込み方法

弊社ホームページの問い合わせページより受け付け中でございます。

 

皆様からのお申込みを心よりお待ちしております。

平成30年度ものづくり補助金 予算確定と事前告知(認定支援機関)

中小企業庁より昨年度末に次回のものづくり補助金の予算規模と事前告知がされました。

今回のものづくり補助金の予算規模は800億円(昨年度は1,000億円)、予定採択件数は1万件です。

今回も一般型と小規模型の予定で、一般型は1,000万円、小規模型は500万円が補助金の上限になるようです。

税理士法人優和では、認定支援機関としてこれまで数多くの、ものづくり補助金の申請支援をして参りました。今回のものづくり補助金も支援体制を構築しております。

ものづくり補助金の申請にご興味の方は、ぜひ、税理士法人優和までご相談下さい。

1 / 2012345...1020...最後 »

アーカイブ

過去のお知らせはこちら

CONTACT

「ホームページを見た」と言っていただくと、
スムーズに対応させていただきます。