お知らせ

消費税還付スキーム 否認リスク増大の傾向

消費税還付といえば、不動産等の多額の設備投資を行う際に検討するスキームであり、当社でもこれまで数多くの還付スキームの組成と支援を行ってまいりました。

 

最近は「金地金取引」を組み合わせた居住用不動産に対する消費税還付スキームが横行しており、明らかに消費税還付目的でありながら、消費税には一般的否認規定(租税回避に対する課税庁による強制処分)の適用がないという見解から相当数の金地金消費税還付が実行されているようです。

 

決して消費税還付=租税回避ではないのですが、相当無理矢理なスキームで還付を受けることが横行するため、課税庁も黙っていられなくなったのだと思います。

 

消費税還付については、基本的に税務署より還付理由に関する聞き取り調査があるという前提での準備が必要です。

特に不動産購入に関する消費税還付は金額が高額であるため、どうしても「租税回避」への意識が向く傾向にあります。

 

税理士法人優和では、あらゆる方向性から消費税還付スキームの組成をご支援しております。

消費税還付にご興味の方は、ぜひ、税理士法人優和までご相談下さい!

アーカイブ

過去のお知らせはこちら

CONTACT

「ホームページを見た」と言っていただくと、
スムーズに対応させていただきます。