株式会社 綿善 (綿善旅館)-税理士は京都中京区の税理士法人優和 京都本部へ

株式会社 綿善 (綿善旅館)

社長

604-8113

京都市中京区柳馬場通六角下ル井筒屋町413

電話: 075-223-0111

FAX075-223-0112

メール:kyoto@watazen.com

http://www.watazen.com/

 

 

 

 

 

代表取締役 小野 善三 様

 

京都の中心地で綿善旅館を営まれている、小野善三様にお話をお伺い致しました。

 

★綿善旅館について簡単にご紹介をお願い致します。綿善1

天保元年(1830年)、初代・綿屋善兵衛がここに宿を開いて以来、綿善旅館は京の宿として、皆様に親しまれてまいりました。始まりは宿ではなく薬屋でした。薬屋でしたが、室町などが近いですから、そこに商売で来られていた方や繊維を買いに来る方が常宿としてお使いになっていたようです。現在の民泊のようなものですね。次第に薬屋と宿が逆転していき現在に至ります。

 

★綿善旅館の一番の魅力は何ですか?

家庭的と言いますか、スタッフが親切です。京都を知り尽くしたスタッフの温かいおもてなしでお客様をいつ何時でも喜んでお出迎えさせて頂きます。また、旅館は1泊2食が基本ですが当館では早くから泊食分離にしておりました。個人旅行や長期滞在のお客様の実情に合わせ、宿泊料金と、お食事の料金を分けています。お客様に、滞在プランを自由な組み合わせで決めて頂けます。綿善旅館が位置するのは、歴史や伝統文化、食文化、サブカルチャーなどが混在する、非常に刺激的なエリアです。様々な年齢層の方々に、多様な“京都の顔”を楽しんでいただけます。旅のアドバイスもいたしますので、お気軽にスタッフにお尋ね下さい。外国の方も、英語での対応が可能です。

 

★どのようなお客様が多いですか?

三本柱は修学旅行生、日本人観光客、外国人観光客です。比率では修学旅行生が一番多いですが、少子高齢化の影響もあるのか年々減ってきています。以前は修学旅行、日本人観光客、宴会でしたが、外国人観光客の方が増え、この構成もこの数年で変わってきています。春と秋が京都の観光のシーズンでしたが、夏と冬のシーズンオフにも多くのお客様に来て頂けるようになりました。

2綿善

 

★訪日外国人が急増しましたが、現状どのようにお考えですか?

日本の何が受けているのか分析しております。日本に、特に京都にお越しになるお客様は寺社仏閣を見るための手段として宿泊されています。海外大手チェーンホテルが京都に進出してくる中、まだ海外の方に認識の薄い日本の旅館という宿泊の形を広めて、京都に旅行した時には旅館に泊まりたいと思って頂けるようにしていきたいと考えております。また、陸続きのフランスなどとは違い、現在日本に入ってくる手段は飛行機が殆どです。島国のハンデは大きいと思います。この極東に如何にして観光客を呼ぶのかも課題だと思います。

 

・どのようなおもてなしをされていますか?綿善3

プライバシーには気を配っております。例えば、インバウンドの方に限ったことではないですが、チェックアウトするまで布団をあげないなどです。以前は食事をされている間に布団をあげていましたが、中にはチェックアウトをするまでは自分が借りている空間だから他人に踏み込まれたくないとお考えの方もいらっしゃいますので、旅行の朝をゆっくりと過ごして頂くために、チェックアウト後に行うことにしています。また、お客様のニーズに合わせて客室にシャワー室を設けたことで利便性の向上も図っております。

今年12月には本館の向かいにゲストハウスをスタートさせますので、幅広いお客様に旅館とは違った旅の楽しみを提供していけたらと思っております。

 

★とても親切だというレビューや食事がおいしかったというレビューが多いですが、こだわっていること等はありますか?

京野菜等の地元の食材を使い、素材の味を生かした京料理を、季節感や器にも心を配っております。お客様に五感すべてで楽しんでいただくことを常に心がけております。訪日外国人のお客様にも京都の味を楽しんでいただけるよう工夫を凝らしたコースや、ボリューム満点の鍋料理もたいへんご好評を頂いております。

料理

 

★京都へ旅行を考えている方一言お願い致します。

旅行先の地元の人と話してみてください。人との触れ合いですね。観光地を見るだけではなく、そこに住んでいる方々と話したら旅行はもっと楽しくなると思います。タクシーではなく公共交通機関で移動すれば、語らいも生まれるかもしれませんし、周りが話している声を聞くだけでも京都を感じて頂けると思います。

京都は町を見るもの良いですが、そこに根付く文化を伝える方々を見ると京都の別の楽しみを見つけられるかもしれません。

 

小野社長、お忙しい中ありがとうございました!

 

 


  • 相談から契約までの流れ
  • 女性チーム発足!

選べるコース

  • フルサポートコース
  • 四半期コース
  • セカンドオピニオン
  • 相続対策コース
  • 会社設立コース
  • 資金繰りコース
  • 定価価格コース
  • 税理変更
  • コンサルティング

よくある質問

  • STAFF BLOG
  • お客様インタビュー

コンテンツ

  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • トップ

税理士法人優和

 税理士法人優和会社写真

〒604-0835
京都市中京区御池通高倉西入
高宮町200番地
千代田生命京都御池ビル6階
tel:075-252-0002


ページトップへ戻る