クラウドファンディングと税務(フィンテック)-税理士は京都中京区の税理士法人優和 京都本部へ

クラウドファンディングと税務(フィンテック)

投資という言葉が身近になったことに伴い普及した「クラウドファンディング」。積極的に投資されている方も多いと思います。今回はその税務上の取り扱いについて確認したいと思います。

 

そもそも、クラウドファンディング(CrowdFunding)とは、群衆(Crowd)と資金調達(Funding)という言葉を組み合わせた造語で、様々な理由でお金を必要としている人が、インターネット上で多数の人から資金を募る仕組みを言います。

また、クラウドファンディングは資金調達の側面だけでなく、自社商品やサービスをアピールできるという側面も有しています。

 

最近のクラウドファンディングの傾向としては、事業資金の全部を調達するのではなく、新たな事業展開の資金調達や市場動向の調査目的での利用がその大半のようです。

 

クラウドファンディングにより得られた投資結果が銀行からの主要事業資金調達の事業化の根拠としても活用できるため、その高い利用範囲が期待されております。

 

クラウドファンディングにはいくつか種類があり、大きく分けると「寄付型」、「購入型」、「投資型」に分かれます。では、それぞれの税務についてみていきましょう。

 

【寄付型クラウドファンディング】

寄付型クラウドファンディングは慈善活動などを目的とするものが多いタイプです。この税務については、プロジェクトの起案者が個人か法人かによって異なります。

(1)起案者の税金

① 個人の場合

 A.個人からの寄付:年間110万円を超えた部分に対しては贈与税がかかります。

 B.法人からの寄付:一時所得となり、所得金額(利益金額)が50万円を超えた部分が課税されます。

② 法人の場合

法人の形態によって取り扱いは異なりますが、原則受贈益となり、法人税の対象となります。

(2)出資者側の税金

① 個人の場合

課税はされず、寄付金控除もありません。

② 法人の場合

一般の寄付金扱いとなり、損金限度額を限度として損金算入ができます。

(3)消費税について

寄付型の場合には、寄付行為が課税取引とならないため、消費税は課されません。

 

【購入型クラウドファンディング】

購入型クラウドファンディングとは、起案者が集まった資金で開発した商品・サービスを出資者にリターンする仕組みとなりますので、その税務は通常の売買と同様に取り扱われます。

(1)起案者の税金

① 個人の場合

所得税の対象となり、原則としてクラウドファンディングで生じた所得(利益)については、確定申告をする必要があります。

② 法人の場合

法人税の対象となり、実際に商品を提供した時点で、調達した金額から商品の作成にかかった費用を差し引いた後の利益に対して課税されます。

(2)出資者側の税金

① 個人の場合

一般的な買い物と同様のため、確定申告等の必要はありません。

② 法人の場合

事業に必要なものであれば経費として損金算入ができます。

(3)消費税について

通常の売買と同様の取り扱いとなりますので、消費税の計算の対象となります。

 

【投資型クラウドファンディング】

投資型クラウドファンディングとは、出資者に利益の分配等をリターンとして提供するものです。このタイプの場合、起案者は基本的には法人となることが多いようです。

(1)起案者の税金

① 法人の場合

借入金の会計処理と同様になり、資金調達時点では税金は発生しません。

資金運用により得た利益に対し課税されることになります。

(2)出資者側の税金

① 個人の場合

分配を受けた時に雑所得の対象となり、原則として確定申告をする必要があります。

②法人の場合

調達した資金の運用により発生した利益から分配金の額を差し引いた額に対して法人税が課されます。

 

最近、クラウドファンディングに対する税金の取り扱いに関する相談が増えております。

当社では、京都発のクラウドファンディングの運営会社との協業を開始しており、最新のクラウドファンディング事情につき、税務はもちろん、その調達方法のご支援を開始しております。クラウドファンディングに関するご相談は、ぜひ、当社までお問合せ下さい。


  • 税理士法人優和 紹介動画
  • 相談から契約までの流れ
  • 女性チーム発足!

選べるコース

  • フルサポートコース
  • 四半期コース
  • セカンドオピニオン
  • 相続対策コース
  • 会社設立コース
  • 資金繰りコース
  • 定価価格コース
  • 税理変更
  • コンサルティング

よくある質問

  • STAFF BLOG
  • お客様インタビュー

コンテンツ

  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • トップ

税理士法人優和

 税理士法人優和会社写真

〒604-0835
京都市中京区御池通高倉西入
高宮町200番地
千代田生命京都御池ビル6階
tel:075-252-0002


ページトップへ戻る