相続税計算時の準確定申告の所得税等について-税理士は京都中京区の税理士法人優和 京都本部へ

相続税計算時の準確定申告の所得税等について

年の途中でお亡くなりになられた年の所得税の申告のことを準確定申告といいます。

相続人は、相続の開始があったことを知った日の翌日から4か月以内に

申告と納税をしなければなりません。

 

それにより発生した所得税または還付金は相続税の債務または課税対象となります。

また、後期高齢者医療保険料や介護保険料の還付金も相続財産となりますので、

注意が必要です。

 

弊社では相続税の申告時、申告漏れのないよう、

しっかりヒアリングさせていただきますので、ご安心してご依頼いただけます。

 

※弊社の相続税専門HP開設いたしました。

 詳しくは下記HPへ。

    http://souzoku.hisida.co.jp/

 


  • 税理士法人優和 紹介動画
  • 相談から契約までの流れ
  • 女性チーム発足!

選べるコース

  • フルサポートコース
  • 四半期コース
  • セカンドオピニオン
  • 相続対策コース
  • 会社設立コース
  • 資金繰りコース
  • 定価価格コース
  • 税理変更
  • コンサルティング

よくある質問

  • STAFF BLOG
  • お客様インタビュー

コンテンツ

  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • トップ

税理士法人優和

 税理士法人優和会社写真

〒604-0835
京都市中京区御池通高倉西入
高宮町200番地
千代田生命京都御池ビル6階
tel:075-252-0002


ページトップへ戻る