交際費等について-税理士は京都中京区の税理士法人優和 京都本部へ

交際費等について

 交際費等は費用の額として損金の額に算入されますが、接待飲食費の額の50%相当額を

超える部分の金額は、損金の額に算入されません。

ただし、いわゆる中小法人については、年800万円の定額控除限度額を採用することが出来、

定額控除限度額までは損金算入されます。接待飲食費が1,600万円を超えれば

原則を採用した方が有利となりますが、年間1,600万円を超える接待飲食費を使っている法人は、

費用対効果を再度見直した方がよいでしょう。

 自社が主催する接待に関する交通費等は交際費に含まれますが、

 他社が主催するパーティー等への交通費は交際費に含まれませんので注意してください。 

 詳しくは、税理士法人優和京都本部の担当者までお問い合わせください。


  • 相談から契約までの流れ
  • 女性チーム発足!

選べるコース

  • フルサポートコース
  • 四半期コース
  • セカンドオピニオン
  • 相続対策コース
  • 会社設立コース
  • 資金繰りコース
  • 定価価格コース
  • 税理変更
  • コンサルティング

よくある質問

  • STAFF BLOG
  • お客様インタビュー

コンテンツ

  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • トップ

税理士法人優和

 税理士法人優和会社写真

〒604-0835
京都市中京区御池通高倉西入
高宮町200番地
千代田生命京都御池ビル6階
tel:075-252-0002


ページトップへ戻る