名義預金について-税理士は京都中京区の税理士法人優和 京都本部へ

名義預金について

贈与税は、贈与を受けた金額が年間110万円以下であれば、贈与税は課税されません。

相続税対策として、これを利用して税負担なし、又は少額の贈与税負担で

生前に妻や子供、孫などの親族に金銭の贈与をするケースがよくあります。

 

ところがこの場合、問題となることが多いのが『名義預金』。

名義預金とは、妻や子供、孫などの親族名義の預金のうち、

単に名義が親族となっているだけであり、実質的には被相続人の相続財産とみなされ、

被相続人の遺産総額に加算されることがあります。

 

贈与は、贈与を受ける相手方が承諾をしてはじめて贈与契約が成立します。

 

相手の知らないところで相手の名義でした預金については贈与が成立しておらず、

『名義預金』とされることがあります。

 

名義預金とされないためには

①贈与契約書を作成し、

②通帳・印鑑・キャッシュカードは通帳の名義人が管理し、

③いつでも使用できる状態に

しておくことなどが必要です。

 

安易な相続対策は、のちに相続税が追徴され、かえって余分な税金を支払う羽目になることもありますので

慎重に行う必要があります。

 

 

税理士法人優和では、様々なケースの相続税対策や相続税申告実績があります。

相続でお悩みの方は是非一度お気軽にご相談ください。


  • 相談から契約までの流れ
  • 女性チーム発足!

選べるコース

  • フルサポートコース
  • 四半期コース
  • セカンドオピニオン
  • 相続対策コース
  • 会社設立コース
  • 資金繰りコース
  • 定価価格コース
  • 税理変更
  • コンサルティング

よくある質問

  • STAFF BLOG
  • お客様インタビュー

コンテンツ

  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ
  • プライバシーポリシー
  • トップ

税理士法人優和

 税理士法人優和会社写真

〒604-0835
京都市中京区御池通高倉西入
高宮町200番地
千代田生命京都御池ビル6階
tel:075-252-0002


ページトップへ戻る